テレビ会議で無駄な会議を減らす

会社では企画をする際いは会議を行います。

この会議は同じ部門や係ではその場でミーティングのように即座に行えばいいですが、これが他の部門や係を合議して内容をすり合わせないとダメとなると、どこかに一旦集まってしなければならないですし、その部門が離れたところにある場合には、移動に無駄な時間を費やすことにもなります。

こんな場合には、会社において機動的に意思決定する方法としてテレビ会議がいいです。



いまでは映像の送受信の遅れからぎこちないテレビ会議しかできなかったですか、今では光ファイバーネットの通信速度の向上から、このテレビ会議の映像の遅れが少なくなり、あたかもその場にいるような臨場感を持って会議が行えるようになりました。



ですので意思決定に支障がないでの、何か案件を各部門ですり合わせをする際には、すぐにその場で会議ができるので企画の進捗効率もよくなり、いままで会議室を押さえていちいち集まっておこなうという最大の時間のロスがなくなります。



しかし中にはどうじてこの方法では相手の空気が読めないので臨場感がなく、会議目的を達成しないのではとの懸念を持つ方もいるかもしれないですが、そのような場合には会ってどうして決定しなければならない最重要課題をだけをリアル会議に設定すれば、よくすべての会議をこのテレビ会議にするといった融通性のない考えをせず、時間効率の観点からこのテレビ会議システムを導入するようにすればいいと思われます。